【10万円未満】消費者金融で少額借入を即日で行う方法とは?

【10万円未満】消費者金融で少額借入を即日で行う方法とは?

  • 消費者金融で少額借入なら、審査は通りやすくなるの?
  • 少額借入なら、今日中でも借りれるのかな?
  • 何十万円もいらないから、3万円だけ借りたい…

 

消費者金融で少額借入したい人たち

 

ちょっとだけ借りたいって時、ありますよね?

 

来月には返せるから、一先ず3万円借りたいって時に、いちいち友達や家族にお願いするのって嫌ではありませんか?

 

お金を借りるってことは、基本「弱み」を握られることでもあります…。

 

しかも、家族や友達など身近な人にペコペコするのは私は嫌です。

 

中には、「借りてなんぼでしょ!」「借りたもん勝ち!」みたいな無神経な人が一定数いるのは、私も知ってはおりますが…。

 

周りに忠告されても、基本自分は悪くないの一点張りなので、聞く耳を持ちません。

 

少額借入したい一心で聞く耳を持たない男性

 

いつも貸してくれる人がいるから大丈夫だって言う人もいますが、殆どの場合が嫌われているはずです。

 

お金を貸してって頻繁に言ってくる人を、好きでい続けるのって難しくありませんか?

 

そんな時、消費者金融から少額借入をすれば、だれにも顔を合わせることなく、ちょっとだけ借りる事が可能です。

 

正規の貸金業者からの少額借入であれば、リスキーな事をする必要なく、サービスとして少額借入ができます!

 

アプリで少額借入をする風景写真

 

ただし、お金を借りれるならラッキーといった程度のリテラシー(理解・能力)の低い状態での借入は危険です。

 

実際に軽い気持ちでお金を借りることで、借入先の失敗、返済意識の欠落による社会的信用の低下、借金地獄から抜け出せない…。

 

こういった悪しき事態に発展してしまう恐れもあります。

 

消費者金融から少額借入を即日で行いたいと考えているあなたは、ぜひこのページを読んでキャッシングに対するリテラシーを高めた状態で利用してください。

 

 

「少額借入におすすめの消費者金融」

プロミス SMBCモビット アイフル
大手の消費者金融の中でも、無利息サービスに力を入れている会社となります。初回の人は、メアドとウェブ明細登録で少額借入でもそうでなくても30日間無利息でキャッシングが可能となります。 プライバシーが非常に高く、WEB完結サービスを利用すれば電話連絡なしで少額借入が可能です。40代以降の中年世代にも人気の高い大手のキャッシングサービスですし、即日にも対応しています。 アイフルでは、初回の申し込み者に関して契約した日の翌日から最大で30日間の無利息サービスが提供されています。少額借入を即日で行いたい場合にも対応している点も人気の秘訣となっています。

 

大手消費者金融の無利息サービスを上手に利用すれば、どこよりも安い利息での少額借入が可能となります。

 

即日で少額借入をするための条件とは?

 

今日中に5万円や10万円の少額借入をしたい場合に、大切になる条件があります。

 

  1. 審査受付時間
  2. 本人確認書類
  3. 在籍確認

 

審査受付時間

 

カードを発行してもらって少額借入をする場合には、自動契約機の受付時間内に契約を完了する必要があります。

 

大手の消費者金融であれば、自動契約機を全国に設置しており、その営業時間の多くは21時もしくは22時までとなっています。

 

この時間の間に、申込から審査結果通知→契約までを済ませれば、併設のATMから少額借入が可能となります。

 

また、最近では更に便利なアプリを使った少額借入に対応している大手の消費者金融も増えています。

 

専用のアプリであれば、20時ごろまでに申し込みを完了し、営業時間内に契約できれば、基本コンビニATM等を使って24時間の借入が可能となります。

 

  1. WEBで申込
  2. 必要書類を専用フォームや画像を撮ってメールで送信する
  3. 審査実施
  4. 審査結果をメールや電話で受け取る
  5. WEB上で契約手続きをする
  6. アプリをダウンロードする
  7. アプリ上で振込依頼もしくはATMでアプリを使って少額借入

 

およその流れはこのようになります。

 

いずれにしても消費者金融から少額借入を「即日」にて行う場合には、審査受付時間は非常に重要なポイントとなりますので覚えておきましょう。

 

ちなみに、審査受付時間に間に合わない場合には、翌営業日での審査、契約、少額借入実施といる流れとなりますので、こちらも併せて覚えておくと良いでしょう。

 

本人確認書類

 

消費者金融からの少額借入を行う際には、必ず本人確認書類の提出が求められます。

 

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート

 

上記の場合、運転免許証はそれ単体でOKとなるケースがほとんどですが、免許証がない時は注意が必要です。

 

例えば、健康保険証を本人確認書類として提出する場合、それだけでは不十分となり、追加でもう1つの書類の提出が求められます。

 

そのもう一つの追加書類として多いのが「住民票」となります。

 

住民票は市役所で発行してもらう必要があり、即日での少額借入を希望される場合には非常に不利な作業となってしまいます。

 

消費者金融での少額借入を即日で行う際には、免許証があるか、なければ住民票を即日で市役所に取りに行くといった作業が必要となります。

 

市役所で住民票を取得する場合には、印鑑は不要です。ただし、本人を確認する書類がここでも求められますので、免許証がなければ健康保険証、マイナンバーカード、住基カード等を準備して市役所に向かいましょう。

 

在籍確認

 

大手の消費者金融であれば、在籍確認に対して柔軟に対応してくれる可能性があります。

 

例えば、一つの方法として「代替書類」での在籍確認が挙げられます。

 

健康保険証や社員証、直近2か月分の給与明細などを提出することで、在籍が確認できたとみなし審査をパスすることが可能なケースもあります。

 

また、二つ目の方法としては、「後日在籍確認」をする約束にて、5万円や10万円といった少額借入をさせてくれるケースもあります。

 

中には、サービス内容として「在籍確認の電話連絡をなし」にしている消費者金融もあり、条件をクリアすれば堂々と在籍確認の電話連絡をカットできるため評判となっています。

 

「即日での少額借入を必要とするのが、たまたま勤務先の休業日だった…」

 

この場合、在籍確認は審査において絶対条件とする消費者金融が多い(正規の貸金業者の場合)ため、勤務先が休みで電話がつながらなければ即日での借り入れは不可となってしまいます。

 

しかし、少額借入であれば柔軟に対応してくれる可能性が、大手の消費者金融でもあります。

 

コツとしては、ウェブで審査申込を済ませた後、本人確認のメールや電話が入る際にコツがあります。

 

この本人確認(申込確認)の連絡の際に、「在籍確認が本日は難しいけど、今日中に借り入れをしたい」という希望を伝えてみましょう。

 

審査の状況によっては、返済能力が高いと判断された場合など、在籍確認は後日、もしくは別途書類にて対応してもらえる可能性があります。

 

少額借入の審査で落ちる人の特徴とは?

 

消費者金融から、たとえ1,000円だったとしても断られてしまう人には共通する特徴があります。

 

少額借入の審査で落ちてしまう人の特徴を、以下に大きく3つご紹介します。

 

他社借入が多い

 

お金に困っている人の中には、借りれるだけ借りるという発想のもと、多数の会社から借入しているケースが多々あります。

 

その多くは、少額借入であったとしても、とにかく借入件数が多いので審査の印象が著しく悪くなってしまいます。

 

仮に1社から1万円しか借りていなくても、合計で3社から借りているのであれば、その時点で審査通過は厳しくなってしまいます。

 

明確な審査基準は公開されていないので、正確な事は言えませんが、一般的に他社借入件数が3件以上ある場合は審査通過は厳しいとされています。

 

例え少額の融資であったとしても、申込する会社が4件目だったりすれば、審査の初期段階でお断りを受けてしまうことになるでしょう。

 

間違っても、他社借入について嘘をついたり、誤魔化したりするのは止めましょう。

 

審査における通過率を下げるどころか、0にしてしまう行為となります。

 

他社借入の件に関して、裏で重要な制限理由となっているのが「総量規制」です。

 

ただし、銀行系カードローンは総量規制の対象外ですので、この場合は他社借入の件数に含めなくても消費者金融からは借入できる可能性があります。

 

実状としては、銀行カードローンは他社借入件数に含めなくても良いと規定している大手の消費者金融もありますし、含めるとする消費者金融もあります。

 

仮に銀行カードローンの借り入れを他社件数に含めなくてもOKとされていても、信用情報をみれば借入していることは把握されますので、審査に影響する可能性はあります。

 

また、住宅ローンや自動車ローンなども借入件数としては除外対象となります。

 

過去の金融事故

 

過去、あなたの金融取引に関しては全て保管されているという事実をご存知でしょうか?

 

金融機関は、信用情報機関を通して、自社だけでなく他社での個人の金融取引の状況を確認することが可能となっています。

 

消費者金融に申し込む際にも、たとえ少額の借り入れだったとしても情報照会は実施されます。

 

そこで、あなたの過去のキャッシング歴、ローン歴、場合によっては債務整理の履歴なども確認されてしまいます。

 

滞納や延滞を繰り返して、クレジットカードを強制解約されてしまった過去などは、審査において大きく悪影響を及ぼします。

 

信用情報機関としては、大きく3つが挙げられます。

 

  • JICC(株式会社日本信用情報機構)
  • CIC(割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関)
  • KSC(一般社団法人全国銀行協会)

 

履歴別の保存期間の目安は以下の通りです。

 

  • 申込歴:最長半年
  • 延滞:最長5年
  • 契約情報:最長5年
  • 任意整理:最長5年
  • 自己破産:最長10年

 

同時期に多数申込

 

複数社に申し込む際にも、申込のタイミングについてはコツがあります。

 

1度に2社申込はOKとされますが、1か月以内に3社以上の申し込みを行う際には注意が必要です。

 

仮に他に借入がない状態だったとしても、1か月以内に3社以上の申し込みを行うと審査において印象が悪くなってしまいます。

 

複数社から借り入れすることは、申込者にとっても利息が高くなったり、返済日の管理が大変だったりで、あまりメリットはありません。

 

消費者金融で少額借入を行う際にも、複数のところから借入を行うのではなく、なるべく1社もしくは2社でまとめた方が利用者側にもメリットが大きくなります。

 

少額借入のために消費者金融に同時に多数申し込むこと自体は禁止事項ではなりませんが、借り入れを実現する為には控えておくべき行為となります。

 

少額借入の審査に通るコツとは?

 

希望額を少な目に設定する

 

そもそも消費者金融から少額借入を行う際には、「総量規制」という制限を受けることになります。

 

これは、年収の3分の1以上を貸し付けしてはいけないという貸金業法の決まりです。

 

仮にあなたの年収が100万円だったとして、借入が可能な限度額は33万円までとなります。

 

これは借り入れが可能である金額であって、消費者金融で必ず借りれる金額ではない点も注意しましょう。

 

希望額を少な目に設定することで、貸し倒れのリスクが減りますので審査にも通過しやすくなります。

 

また、希望額が少なめであることで、計画的に借入と返済する能力がある人だと審査官に判断されやすい傾向もあります。

 

余分なクレジットカードは解約する

 

後程、詳しく説明しますが、クレジットカードにはキャッシング枠が付随しているものが多くあります。

 

あなたの手持ちのクレジットカードの中にも、実はキャッシングが可能なものがあるかもしれません。

 

ですので、余計に持っているクレジットカードは即解約した方が審査の際には有利となります。

 

クレジットカードの保有状況については、信用情報機関での参照で明らかとなります。

 

仮に借入がなかったとしても、複数の借入先を抱えている状態で新規に申し込みをすれば審査上不利となります。

 

余計な借入先は削除しておくことが、審査に通過しやすくなるコツの一つです。

 

必要書類を可能な限り準備しておく

 

消費者金融からの少額借入であれば、基本は本人確認書類のみの提出でこと足ります。

 

しかし、審査状況によっては少額借入のために更に書類の提出が求められることがあります。

 

その際に、すぐに提出が可能となるように、事前に準備しておくと審査通過率がアップするでしょう。

 

  • 源泉徴収票
  • 税額通知書
  • 所得証明書
  • 確定申告書
  • 給与明細書

 

5万円、10万円を少額借入した場合の利息は?

 

利息というのは、お金を借りる上でのレンタル料だといえます。

 

 

余談ですが、この場合は「利息(りそく)」という言葉よりも正確には「利子(りし)」という言葉を使うべきですが…。

 

というのも、利息は貸す側、利子は借りる側からみた言葉という違いがあります。

 

どちらも、金利のように数字を表すのではなく、金額を表す点では共通です。

 

少額借入を行う私たち利用者側からすれば、この場合は利子のほうが適切となります。

 

しかし、実状として利息という言葉を使う人が多い傾向にあります。


 

利息の計算方法は以下の通りです。

 

借入金額×金利÷365(日)×利用日数

 

※少額借入ほど、利息は上限いっぱいに設定される傾向にあります。1つの借入先からの借入額が多いほど、利息は低くなるのが一般的です。ただし、大手の消費者金融の初回サービスを上手に利用すれば、無利息での少額借入が可能となるのでお得です。

 

5万円を3か月、年利18%借りた場合の利息

 

  1. 18,000円
  2. 18,000円
  3. 15,476円

 

1回目が「18,000円」、2回目も「18,000円」、3回目が「15,476円」で、合計「51,476円」となります。

 

3か月5万円借りて、利息は合計「1,476円」となります。

 

10万円を3か月、年利18%借りた場合の利息

 

  1. 35,000円
  2. 35,000円
  3. 32,999円

 

1回目が「35,000円」、2回目も「35,000円」、3回目が「32,999円」で、合計「102,999円」となります。

 

3か月10万円借りて、利息は合計「2,999円」となります。

 

更に少額である「即日で今すぐ1万円を借りる(外部HP)」場合の利息や条件、消費者金融以外から借りる方法などについても参考にしてみて下さい。

 

消費者金融以外から少額借入をする方法とは?

 

銀行カードローン

 

即日融資には対応していませんが、銀行カードローンで少額借入の申し込みをすることも可能です。

 

ただし、銀行カードローンの審査は消費者金融よりも時間がかかる傾向にあるだけでなく、求められる書類等も増える傾向にあります。

 

無利息サービスの充実度に関しても、銀行カードローンよりも大手の消費者金融のほうが多い傾向にあります。

 

貸金業法の規制を受けない銀行カードローンであれば、利息が低めであり、かつ総量規制以上の借り入れも場合によっては可能といった点が消費者金融との違いとなります。

 

クレジットカード

 

クレジットカードを作る際には、キャッシング枠を付けるかどうかで申込の時に確認がなされます。

 

すでにクレジットカードをお持ちであれば、もしかするとキャッシング枠が付随しているものかもしれません。

 

この場合、少額借入を希望する人にとっては、最も手軽で簡単でスピード融資が可能といえます。

 

というのも、既にキャッシング枠がついているクレジットカードというのは、審査済みの証なのです。

 

いつでも使える状態だったものを、知らずに使わず眠らせていたわけです。

 

限度額が0円に設定されているものもありますので、ご自身のカードがどうなのかカード会社か郵送の時の台紙、会員ページなどで確認してみてください。

 

今の時代、コンビニATMに対応しているカードがたくさんありますので、利便性も高いのも魅力です。

 

ただし、キャッシング枠が付いていないカードの場合は、新規でキャッシング枠を申し込むと審査が必要になりますし、即日での対応は郵送などの関係上、不可能です。

 

また、利息についてもクレジットカードによって違いはありますが、年15〜18%といった感じで消費者金融と同程度であるケースがほとんどです。

 

 

クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠があります。

 

ショッピング枠の中に、キャッシング枠が含まれているのが一般的となりますので、既にショッピング枠を限度額いっぱい利用している状態だとキャッシング枠を利用できなくなります。

 

ちなみに、海外で現地通貨をキャッシングしたい場合などには、クレジットカードのキャッシング枠がお勧めです。

 

その場合も、当然ですが為替レートを考慮した利息が発生します。

 

この場合、キャッシング枠が付いているから必ず使えるとも限らず、海外キャッシング機能を別途付ける必要がある場合がある点には注意してください。


 

質屋

 

質屋ときくと、サザエさんとかで出てくることもあってか昔のサービスってイメージを持つ人が多いようです。

 

しかし、実際には現代でも少額借入の便利な方法として重宝されているのが実情です。

 

実際、質屋の借入の場合には審査もなく、最短で数時間即日融資も可能となっています。

 

基本、質屋のシステムは質入れする品がないと借りれません。

 

質入れする品があれば、その査定額の範囲内で少額借入、ものによっては高額借入も可能となります。

 

よく質屋の場合は、品を預けているから利息は発生しないと勘違いされるケースが多いのですが、実際にはしっかりと利息がかかります。

 

 

しかも、利息は安くないのが質屋の特徴です。

 

貸金業法ではなく、質屋営業法という法律に基づいて利息が決められるため、消費者金融よりも概ね10倍近い利息が請求されることとなります。

 

質屋営業法の利息制限値は年利109.5%となっています。

 

消費者金融の大手が、おおむね18%である点と比べると、質屋の利息が高い設定になっているのが分かります。

 

返済できなければ、預けた品は質流れとなって返ってこないリスクがある反面、返済が滞っても催促や信用情報に傷がつかないといったメリットもあります。


 

危ない消費者金融から少額借入を行うリスクとは?

 

危ない消費者金融、いわゆる闇金(ヤミキン)と関わると、どうなるのか?

 

  • 押し貸し
  • 利息だけ支払い続ける
  • 法外な利息に苦しめられる
  • 返済の度に鬼電が入る
  • 返そうとすると音信不通になる
  • 返せないと豹変する
  • 変な業者から問い合わせが増える
  • 借りたくもないのに勝手にお金が振り込まれる
  • 頻繁に融資の勧誘電話がかかってくる

 

利息制限法や出資法が整備された現代、登録業者である貸金業者においては上記のような暴力的なサービスは皆無となっています。

 

変な事をすれば、一発で業務停止にされてしまう抑止力が半端ではなく、特に大手の消費者金融においては対応が銀行と変わらないといった印象を受ける人が多いくらいです。

 

実際、大手銀行の傘下となっている消費者金融も多く、サービスの質は以前とは比べ物にならないレベルになっているのが現状です。

 

そのような時代の流れも相まってか、闇金業者においてもソフト化してきている傾向にあります。

 

見た目が誠実そうであり、受け答えも丁寧で安心できる印象を持ちます。

 

中には、天然キャラのようなおちゃらけた印象を持たせるような、ユーチューバーか何かですかって言いたくなるようなフレンドリーな闇金も存在しているそうです。

 

しかし、サービス内容は利息制限法無視、貸金業法無視といった内容であり、返済に遅れれば豹変してしまう特徴は、ほぼ全ての闇金に共通しています。

 

 

私の学生時代の知人に、闇金を常用している男がいましたが、彼いわく「闇金は返済日さえ守れば怖くない」そうです。

 

しかし、実際には個人情報が闇ルートに出回るリスクや、必要のない怪しい、危ない勧誘のターゲットに晒されてしまうリスクが潜んでいます。

 

彼は独身でしたが、家族持ちなら配偶者や子供にも悪影響を及ぼしかねません…。

 

金額の問題ではありませんが、少額借入程度で惨めな目に合うのは悲惨すぎます。

 

確実に返済できるから、少額借入を闇金から行うという甘い考えは、絶対に持たない方が身のためです。


 

まとめ

 

消費者金融で10万円未満の少額借入を行う際の、注意する点や覚えておきたいコツについて解説してきました。

 

少額借入をする先は消費者金融だけではないことも説明しましたが、それぞれの特徴を踏まえたうえで、あなたに合った方法を選ぶようにしましょう。

 

もしもあなたが、消費者金融から少額借入を即日で行いたいとお考えなら、今すぐ以下の大手消費者金融をチェックしてみてください。